見直してみよう保険は時代の変化と共に切り替えを

大切な見直し

一口に保険と言っても様々あります。生命保険、医療保険、火災保険、地震保険などがあります。とりあえずに保険に加入していれば安心と思っている人も多いですが、気になったら保険見直しをすることが大切です。

» 詳細を確認する

費用を削る

保険料が原因で生活が苦しくなっていることもあります。保険見直しをすることで、無駄な費用を削れる可能性もあります。一度保険に加入して放置している場合は、その可能性の方が高いです。

» 詳細を確認する

安心のサービス

自動車保険の口コミはここをチェック。保険料を抑えたいあなたにとっても役に立つ情報を紹介しています。

今加入している保険の補償で大丈夫ですか?自動車保険の相談はコチラから。一括見積を出して安くて安心の保険を見つけましょう。

将来のことを相談できるファイナンシャルプランナーの歴史

ファイナンシャルプランナーは顧客である個人から、収支・家族構成・資産状況などのソース提供を受けます。それを元に住居・教育・老後など将来のライフプランニングのアドバイスや資金計画などを行う職業・職種のことを、ファイナンシャルプランナーといいます。 ファイナンシャルプランニングという手法は、1920年代ごろにアメリカで誕生したものです。アメリカ経済が高度成長を成し遂げ、金融自由化の波が著しかった1960年代に、ファイナンシャルプランナーを名乗る金融外務員が急増し始めました。 1980年代後半の金融ビッグバン以降に重要視されるようになりました。この頃から、個人経済(家計・将来設計)の専門家として本格的に需要が高まり始めたのです。

今後はどのようになっていくのか

昔と比べて今は少子高齢化が進んでいることは、皆さんも感じていると思います。今後ファイナンシャルプランナーに相談する人は増えるのか、将来性はあるのかなど気になっている方もいらっしゃると思います。 現在ファイナンシャルプランナーは保険関係を中心に、銀行や証券会社などに必要とされています。特に保険業界では必須と言って良いほど重要な資格になっています。最近では独立したファイナンシャルプランナーも急増しており、安定した収入も得ています。 日本は今経済不況で社会問題にもなっている給与カットのため、住宅ローンが払えなくなってしまった人が増えています。このことをファイナンシャルプランナーに相談する人が増え、社会的重要度がさらに高まりました。 また、老後に年金がもらえるかという心配も相談する人が急増しているため、今後ますます相談口としてファイナンシャルプランナーは重要視されるものになっていくと思います。

必要な見直し

保険で重要なポイントは、補償内容と保険料です。加入した時はベストなサービスと思っていた場合でも、時間が経てば、暮らし方も変わるので、ベストではなくなっている時もあります。そういう場合に保険見直しが必要になります。

» 詳細を確認する

» ページのトップへ戻る